薄毛の改善はこうやってやる

~薄毛の改善方法~

 薄毛は遺伝だからと、あきらめることはありません。

髪の毛が完全に生まれ変わるサイクルは、平均で34年かかると言われています。

今日のケアが、数年後に影響するわけです。

☆薄毛とは?

薄毛とは、生えかわる毛がだんだんと細くなり、地肌が透けて見えるようになる状態のことを言います。

加齢などによって新しく生えてくる髪の毛は、だんだん細くなってきます。

髪の毛が薄くなったと感じるのは、髪の毛の生えかわるサイクルは同じでも、11本が細くなっているからです。

男性の薄毛と女性の薄毛には違いがあります。

男性は額から後ろに薄毛が進行する場合と、つむじまわりから薄くなるタイプがあり、同時に進行して髪の毛全体がなくなる場合もあります。

女性のほとんどはつむじあたりから薄くなっていき、男性のように髪の毛が全部なくなるようなことはないそうです。

☆今の髪の毛の状態は、34年前の生活習慣やストレスの現われです

薄毛を改善するには、今後の34年後のために頭皮の状態が良くなるような食事や生活習慣を送ればよいわけです。

日々ストレスを解消し、正しい頭皮と髪の毛のケアをすることで徐々に新しい髪の毛が生えてくる可能性は十分あるのです。

髪の毛が抜けるということは、次に新しく生えてくる準備でもあるのです。

☆薄毛を改善するために

髪の毛や地肌を清潔にしょうと思うあまり、薄毛の人はシャンプーなどを多く使って洗い過ぎる傾向があるようです。

ていねいに洗うほど皮脂が洗い落とされてしまいますが、今度は失った皮脂を補うために皮脂腺が活発になり皮脂を育てるために栄養が使われます。

すると、髪に栄養が行き届かないようになり、薄毛になってしまうのです。

 季節の変わり目は抜け毛が多く、特に夏から秋にかけては1日に100本以上も抜けるそうです。

抜け毛を気にして悩むことがストレスとなり、ストレスがストレスを呼んで心因性の脱毛症になることもあると言われています。

あまり気にしないようにして、十分な栄養と睡眠をとることが間接的に薄毛を改善し育毛を促すことになるようです。